東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

電話予約制 月~土9:00~5:00 03-3718-3181

院長放談、コラム

私の人生の中で今までに起きたことを、対談形式でご紹介したいと思います。

聞き手:マタニティー&ベビーケアサロン メビウスYO倉澤玲維子
ペリネイタルカウンセラー*として、当院の両親教室やSANGOクラブにも参加。
*ペリネイタルカウンセラー(妊婦に起こりがちな、病気とまでは言えない不快症状、
例えば肌のトラブル、むくみや肩こり、腰痛などに対するケアや、赤ちゃんに関するアドバイスを行う)

年月ごとに見る

院長コラム 2017年12月

倉澤看護部長の館野さんに続いて、今月は事務長の山本さんに来ていただきました。山本さん、当院に就職されたのは何時ですか

山本私は平成4年(1992年)4月に受付事務として就職いたしました。勤続25年になります。

倉澤今はクリニックの事務長としてのお仕事と、日本マタニティフイットネス協会との連携の要にもなっている重要な立場にいらっしゃいますので、当院にしかない業務もいろいろあってお忙しそうですね。クリニックの顔でもある受付として入職以来、25年間の歴史を辿ってみたいと思います。当時を振り返ってみてください。

山本当時は少ないスタッフで出産件数も随分少なく、私は妊娠出産に関しての知識も浅く、「硬膜外麻酔」「マタニティビクス」のワードがとても新鮮でした。私自身も無痛分娩=全身麻酔と認識していましたが、一般社会では硬膜外麻酔での無痛分娩はあまり知られていない状況だったと思います。流石にマタニティビクスは妊婦雑誌などで知ってはいましたがここが発信元とは知らずに入ってきました。患者様と最初にお会いして1年近く接していたあの頃はほとんどの方のお顔とお名前が一致しておりました。

倉澤それがプロですよ。私も最初の1年間、当院で出産した方々のお名前とお顔を今でも覚えていますよ。自分の仕事に情熱を持てば自然にそうなるようですね。

山本初診時にはお嬢さんとお呼びするほうがピッタリな方々が、だんだんお腹が大きくなって優しいお顔の妊婦さんに、そして出産。少々ぎこちない手つきで ベビーを抱いて退院し、一か月健診ではすっかりママのお顔になって来院するのです。
一か月健診に皆様にお会いできることをとても楽しみにしておりました。

倉澤普通の産科施設では一か月健診後は皆様にお会いする機会はないのですが、当院で立ち上げた子育て支援のイベント、生後3か月の「SANGOクラブ」、2~3歳児対象の[アツマレ タナカチルドレン]、9~10歳児の「ハーフ成人式」が出来てからは成長された田中チルドレンにお会いする機会が増えましたね。

山本2012年、第一回のタナカチルドレンハーフ成人式で、10歳前後のタナチルさん達、お父様、お母様にお会いした時には通院当時のお姿など思い出し、幸せな気持ちになりました。その後も「アツマレ タナカチルドレン」と「ハーフ成人式」を隔年で開催しております。[アツマレ タナカチルドレン]は今年、「ハーフ成人式」は来年第4回目の開催となります。参加された皆様から開催お礼のたいへん有り難いお言葉を頂きますが、私どもスタッフも皆様とお会いできることをとても楽しみにしています。
近年は当院で生まれたタナカチルドレン達の出産のお手伝いをすることも増えております。嬉しい限りです。

倉澤タナチル2世はもう100人をとっくに超えています。自分が生まれた産院でお産をすることは珍しくないと思いますが、同じ先生が取り上げるのはあまりないと思います。これも当院のユニークなところですね。
現在の山本さんは現場を若手に任せて、子育て支援のイベント以外、分娩件数の統計や、研究のデータ整理、研究の学会発表の手続きや共同研究者との連絡役など先生のブレインとして重要なポジションを担っています。山本さん、今、院長先生について印象に残っていることを思い出して下さい。

山本そうですね、急に言われても思い出せませんが・・・
産科はおめでたいことばかりではないのですね。残念なことに妊娠の継続に至らなかった患者様の診察を終えたのち、院長が数分間診察室を離れ、「さっ、次の患者様お入れして」と普段通りにスタッフにお声をかけられる。気持ちの切り替えをされていたことが印象に残っております。
入職当時は硬膜外モルヒネ注入法の麻酔分娩で、前もって子宮口を広げるためにラミナリアという物を挿入していたのですが、お産は痛くないけれどこの処置が痛いという噂が妊婦さんの間で広まっていることを聞きつけた助産師が院長に相談して、すぐに前処置にも麻酔をするようになりました。このようにスタッフの意見が取り上げられ、実施に移されることが多々ありました。
あと、当時はそれなりに院長との年齢差を 感じておりましたが、勤務年数が長くなるにつれ、あるはずはないのですが、「私は 院長の年齢にドンドン近づき、そして越してしまうのでは?」と本気で思うようになりました。実際見た目年齢は越しつつあります。
院長の若さの秘訣はどこにあるのでしょう?

倉澤先生の若さの秘訣にはいろいろあると思います。この件に関しては先生を捕まえてじっくり聞き質す必要がありますから別の機会にしましょう。入職当時のあなたの写真が出てきまして、同時に前回の館野さんの同時代の写真も見つかりましたので一緒に載せましょう。二人とも随分若々しいですね

山本わー、懐かしい。

倉澤次回は助産師の星野さんに来て頂こうと思います。

マタニティ&ベビーフェスタ2018
ご予約はお電話にて

Tanaka Women's Clinic

田中ウィメンズクリニック
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-25-1
駐車:2台

診察時間 月 火 水 木 金 土 日
9:00~12:00
1:30~5:00
電話予約制 03-3718-3181

東急東横線 自由が丘駅南口 徒歩4分
大井町線 自由が丘駅南口 徒歩4分
東急目黒線奥沢駅 徒歩4分

CLOSE
TOPへ